売り上げを向上させるなら|電話代行業者を活用しよう

  1. ホーム
  2. 先進的なビジネスツール

先進的なビジネスツール

ネットワーク

どこからでもアクセス可能

企業等において業務の合理化を図るのに役立つツールとして評判が高いのが、グループウェアです。グループウェアとは、業務遂行に必要な複数のアプリケーションをグループ化したソフトウェアです。内容は製品ごとに異なりますが、主なところではスケジュール管理やワークフロー・オンラインチャットといた機能があります。他にも文書や画像などのデータ管理ができる機能も備わっているのです。共通のドメイン名が利用できる電子メールや、会議室の予約機能などを備えたものもあります。単体で使えるだけでなく、それぞれの機能が連動することで、効率的な業務管理や情報共有が実現されます。グループウェアは、以前はパッケージソフトの形で利用するのが一般的でした。しかし最近は、クラウド型の製品が増えてきています。クラウド化により、さらに利便性が向上するようになっています。クラウド型グループウェアの最大の利点は、場所や端末を選ばずに利用できる点にあります。従来型の製品だと各端末にソフトウェアをインストールする必要がありましたし、データは自社のサーバ内に保管しておかなければなりませんでした。しかしクラウドベースになれば、インターネットに接続できる環境さえあればどの端末からもアクセスできるようになります。データファイルは、サービス事業者の持つサーバ内に保管されます。さらに、最新の製品の中には、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレット端末からもアクセスできるタイプがあります。こうした製品であれば、外出先からの、あるいは移動中の利用も可能になります。